アクアリウム

(パルック)蛍光灯で水草育成

こんにちは、にゃんすです。我が家では水草育成に蛍光灯を使っています。既に時代遅れの機材なのですが、今も使っている人はいるのでしょうか。

水草育成に必要な三大要素は、光と栄養と二酸化炭素

当たり前の話ですが、水草育成に必要な要素は、光と栄養と二酸化炭素だと言われています。この3つの要素が整えば水草はしっかり成長します。水草育成の基本ですね。

GEX先生も三大要素の重要性を教えてくれています。

https://www.gex-fp.co.jp/fish/blog/product/mizukusa/

栄養はソイルと肥料で補給します。二酸化炭素は化学式発生装置で添加。光は…蛍光灯!?

栄養はソイルと肥料で供給することができますね。二酸化炭素は、化学式添加がオススメです。化学式は導入コストがかかりますがその後の運用は簡単です。特に二酸化炭素ボンベの交換が必要ないので、交換作業にちょっとした怖さを感じていた人には非常にオススメできます。

化学反応式CO2添加装置
【実際の設置例を紹介】水草水槽に二酸化炭素を添加するなら化学反応式が絶対おすすめアクアリウムにおける二酸化炭素を添加する方法として化学反応式と小型ボンベ式を紹介します。特に化学反応式がオススメです。僕の水槽での二酸化炭素添加の様子も画像と動画で紹介しているので、二酸化炭素添加の導入を検討している人の参考になる記事です。...

そして肝心の光ですが、これはLEDライトを使えばしっかりと供給することができます。最近は、各社からリーズナブルで効果的な機種が販売されていますし、本格的に水草水槽をやりたい方向けの高性能機種もあります。

そんな中、我が家では蛍光灯の照明を使っています。(まだ使えるのに買い替えるのがしのびなくて…貧乏性ですね。)今使っている枠あり水槽セットを購入したときに付いてきた蛍光灯の照明を今も使っています。ちなみに最近はセット水槽に付いている照明もLEDが中心で、蛍光灯は探しても見つからないくらいのレア物になってしまいました。

7年ぶりに蛍光灯を交換。やっぱり電球はパナソニック!?

別に支障があったわけではないのですが、この照明を購入してから7年くらい経ったことと、在宅生活で暇だったことから、蛍光灯を交換してみました。

やっぱり、蛍光灯は安心のPanasonic。ヨドバシカメラで買いました。

(ちなみに、数少ない蛍光灯ユーザーのための基礎情報)

GEX クリアライト (型番はCL-932R)についてはスターター型の蛍光灯となっております。インバーター型は使用できないらしいのでご注意を。FLから始まる型番の蛍光灯が適合です。

昔は、水草育成用のライトが販売されていたようですが、最近は見かけません。90cm水槽に適合するものとなると、なおさらです。

このスタイルでどこまでやれるか。時代の流れに負けないぞ。

今どき蛍光灯。オールドスタイル。古いものの良さがあるとは言いますが、蛍光灯がLEDに勝る要素は思い浮かびません。他のアクアリストの皆さんに遅れをとってしまいますが、もうしばらく蛍光灯で頑張って見ようと思います。