アクアリウム

【水草水槽】有茎草の成長が思わしくないので対策を検討

こんにちは、にゃんすです。今回は、45センチ水槽で育てている有茎草(グリーンロタラ、ロタラhra、ロタラ・ナンセアン、ルドヴィジア・スーパーレッド)の成長が悪くなってしまったので、対策方法を検討してみました。

■ 有茎草の成長不良

こちらがグリーンロタラの写真です。下草が枯れ落ちて、茎も細くなってしまっていたので、上部の元気そうな部分だけ残して差し戻しましたが、そこから伸びません。草の先端はそれなりにきれいな葉が伸びていますが、下に行くにつれて、葉の色が黄色くなっていっています。

こちらはロタラhraです。こちらも差し戻しです。全く赤くならないですし、グリーンロタラと同じように成長が芳しくありません。グリーンロタラと比べると、さらに状態が悪そうです。

こちらはロタラ・ナンセアンです。ナンセアンは、グリーンやhraに比べると育成が難しいといわれますが、全くそのとおりでひょろひょろになってしまいました。全然ダメです。

最後はルドヴィジア・スーパーレッドです。こちらはそこまで難しい印象はなかったのですが、葉が小さく背丈も伸びないままです。

また、どの水草にも言えるのですが、下草が枯れ、茎がどんどん細くなって、最終的にはソイルから抜けてしまう株も多数ありました。

■ 成長不良の原因は、光か二酸化炭素か、栄養か。

水草の成長不良の原因を自分なりに考えてみました。水草の成長に係る要素としては、光と二酸化炭素と栄養の3点セットになるのですが、光と二酸化炭素については、水槽の調子が良かった時から特にかえていないので、今回はスルーして、栄養を疑ってみます。

栄養不足の見分け方としては、水草の新芽と下葉のどちらが調子悪いかで原因に見当をつけます。

何かの雑誌で読みましたが、新芽だとリン不足、下葉だと窒素・カリウム不足だったと思います。今回の場合、新芽は問題なさそうなので、窒素・カリウム不足を疑うことにしてみます。

基本的に、水槽内で窒素が足りなくなるということはほぼないと聞きますので、栄養の問題であるとすればカリウム不足であると考えています。(水槽ガラス面にうっすらとコケが生えていることや、他の水草は育っていることからも窒素の可能性は低いと思っています。)

■ 液体肥料でカリウムを添加

水草の成長不良の原因をカリウム欠乏と推測したことから、肥料を使ってカリウムを補充してみたいと思います。

今回使用するのは、トロピカ水草用液体栄養剤(茶液)です。カミハタ社から発売している液肥となります。これは、水草で有名なトロピカ社が開発した肥料となっておりまして、きっと世界有数の水草ファームであるトロピカのノウハウが詰まっているのだと思います…。

この液肥は、カリウムと微量栄養素を含有しているもので、リン酸や窒素は入っていません。もし、この肥料を追加することで水草が育てば今回の推測が正解といえます。この肥料を使ってみて、水草がどう成長するのか、観察していきます!!

■ 固形肥料でもカリウムを添加

今回は実験的な取組として、試しにロタラhraとルドヴィジアだけに固形肥料も使ってみます。液肥と固形肥料で特に違いはないと思うのですが、もしかすると違いがあるのかもしれません。使用するのはみなさんご存知のイニシャルスティックです。

■ その他

今回、肥料を使用するので、フィルターに設置していたゼオライトは回収しておきます。これまで藍藻駆除に大活躍してくれていたので、復活しないか心配なところもありますが、水草の成長を優先してみようと思います。